多治見市脇之島町の歯医者 ホワイト歯科の院長紹介

.jpg

当院は、昭和60年開業以来、常に新しい技術の習得を図りながら、家族みんなのホームドクターを目指して、スタッフ一同診療に取り組んでいます。「あなたの歯を1本でも多く残し、生涯に渡ってご自分の歯を使っていただきたい。」それが私たちの願いです。

 

◆医院からのお知らせ◆

 できるだけ、予約時間通りに診療できるように努めていますが、治療内容等により待ち時間が長くなるなどご迷惑をおかけすることがあります。ご了承くださると幸いです。
 また、終了時間にご希望がある場合等、受付に申し入れてください。

 

<<虫歯・歯周病を防ぐ予防歯科>>

大切な歯を虫歯・歯周病から守りたい方へ

『歯医者は、歯が痛くなったら行く。虫歯になったら行くもんだ。』
『年を取ったら歯は悪くなるのは当たり前だ』
『毎日、歯ブラシしているから自分は大丈夫だ』
と思っていませんか?

 現在、80歳の方の平均残存指数は、たったの6、8本(厚生省)しかありません。
 (通常の人間のお口の中には、28本の歯があります。)
 多くの方が、虫歯が原因で、歯が抜けてしまうと思っています。しかし、現実は、そうではありません。歯が抜ける原因の約半分は歯周病なのです。歯は歯槽骨という骨によって支えられているのですが、この歯槽骨が溶けてしまう病気が歯周病です。歯周病は痛みがなく進行します。歯周病になると、歯の表面は、虫歯が無いのに歯ぐきの下で進行して、歯を支える歯槽骨が溶けてしまっているケースが多いのです。
 歯槽骨を溶かしてしまう原因に、歯ブラシを一生懸命していても落とせない汚れがあるのです。それが、歯石とバイオフィルムです。この歯石やバイオフィルムを定期的に歯科医院で取り除くことが重要になるのです。